タブレット端末を活用した
学習活動サポート

豊富なコンテンツとデータ管理のできる1人1台のコンピュータを活用した主体的な学びと、正解のない課題に向かって対話的・協働的に解決していく新たな学びを目指した学習活動をサポートします。

撮影協力 / 初芝富田林中学校・高等学校
Sky Technology Fair 2020 Virtual
学習活動端末支援システム SKYMENU Cloud
「児童生徒1人1台コンピュータ」の整備を支援する、Sky安心GIGAタブレット

今の子どもたちが、新たな価値を創造する未来に向けて、
主体的・対話的な学習活動を支援する

Society 5.0時代の到来に向けて、学校のICT環境は「高速大容量の通信ネットワーク」「1人1台の学習者用端末」「クラウド」の整備・導入が進み、大きく変わろうとしています。
こうした環境では、子どもたち1人ひとりの考えをお互いがリアルタイムに共有し、意見交換する協働的な学びをはじめ、子どもたち1人ひとりの反応を踏まえた双方向型の一斉授業が可能になります。
SKYMENU Classは、新しく変わりゆく環境のなかで、子どもたちが学習活動に取り組みやすい仕組みと「主体的・対話的で深い学び」を支える機能を提供し、子どもたち自身が未来社会を創造する力を育む「未来の学び」の実現をサポートします。

SKYMENU Class 2020 新機能NEW FUNCTION

  • 考えの揺れ動きを可視化する
    ポジショニング

    マーカを配置して、1人ひとりの考え(立ち位置=ポジション)やその変化を可視化し、全体で共有しながら問題解決に生かしていくことができます。

  • 校内の情報がすぐに共有できる連絡版
    電子連絡版

    校内情報の共有できる電子連絡板。職員室に戻らなくても、先生同士で共有したい情報が確認できるほか、子どもたちへのお知らせにも活用できます。

  • タブレット端末の制限設定を解除
    災害時設定解除

    万が一の災害時には避難所ともなる学校。情報収集や連絡手段として、タブレット端末が使えるよう、各種制限設定を解除することができます。

SKYMENU Class 2020 特長FEATURE

子どもたちが学習活動に
取り組みやすい仕組み

子どもたちが操作に迷わないように、学習活動での活用を想定した使いやすさをめざしています。

無線LAN環境でも
安定して活用するために

通信が不安定な場合でも授業を止めないように、通信環境に左右されないような工夫をしています。

授業の流れとSKYMENU Classの活用をご紹介

SKYMENU Class 2020 機能FUNCTION

さまざまな学習活動の場面で、
主体的・対話的な学びを支えます

SKYMENU Classは、子どもたち1人ひとりの考えをリアルタイムに共有して、協働的な学びに生かす仕組みや、
1人ひとりの反応を踏まえた双方向型の一斉授業を可能にする機能を搭載しています。

学校のICT活用環境を支える文教向けパッケージ商品のご紹介

SKYMENU累計導入校数

36,345

SKYMENU Pro
24,431
SKYMENU Class
11,914
(2020年8月時点)