学習活動ソフトウェア SKYMENU Class

学習活動ソフトウェア SKYMENU Class

タブレット端末を活用した学習活動をサポート

学習活動ソフトウェア SKYMENU Pro サイトへ

学習活動ソフトウェア SKYMENU Class 2017 の特長

新学習指導要領に沿ってタブレット端末を活用した学習活動をサポート 「児童生徒の主体的・対話的な深い学び」に向けて

2020年以降、小・中・高等学校と順を追って新しい学習指導要領に基づいた学びがスタートします。
近年、新しい学習指導要領に基づいた学びの活動にICTを活用しようと無線LANの整備やタブレット端末を導入される教育委員会・学校が増えてきました。
しかし、ICT機器を授業で有効に活用するには、教員だけがICT機器を活用する段階から、児童生徒が1人1台のタブレット端末を利用するまでのいくつかの段階を一つひとつ進めていかなければなりません。
SKYMENU Classは、主体的・対話的で深い学びに向けて、先生方と児童生徒がICTを活用した取り組みを、各段階でサポートする学習活動ソフトウェアです。

  • 直感的で「使いやすい」操作画面
  • 使いたいときに手早く使えるツールバー
  • 無線LAN環境下での課題へ の対応

学習活動ソフトウェア SKYMENU Class 2017 の機能

  • 1人ひとりの学習活動に
  • グループでの学習活動に
  • さまざまな学習活動に活かす先生の活用
  • 先生・子どもたちのデータ活用をサポート / その他
  • 無線LANを便利に活用
授業支援ソフトウェア『SKYMENU Pro 2016』のご紹介 クライアント運用管理ソフトウェア『SKYSEA Client View』のご紹介

学習活動ソフトウェア SKYMENU Class 2017 の活用

タブレット端末を活用する前に、まず確認いただきたいチェックポイント

タブレット端末を使って授業を行う際は、トラブルによって授業の進行を妨げられないようにするために、さまざまな注意が必要です。あらかじめ確認しておくべき点や、教材ファイルを使う場合の注意点などを、よくお問い合わせいただく事例をもとにご紹介いたします。

このページの先頭へ