授業の流れとSKYMENU Classの活用例

グループに端末1台の場合

場面 授業での
SKYMENU Classの活用例
対応する
SKYMENU Classの機能
授業
スタート

名前を選ぶだけでログオン

低学年の子どもでも、自分の学年・組・名前を選ぶだけでログオンできます。

かんたんログオン
教材取得

教材を取得して学習活動の準備

先生が用意しておいた教材を、子どもたちが自分で選んで取り出せます。

資料置き場
取り組み

思考を広げたり、考えをまとめたりする活動に

子どもたちが自由に発想を広げたり、自分が考えたことをまとめたりする学習活動の場面で、子どもたちの思考を可視化することができます。

試行錯誤を重ねながら資料作りができる「発表ノート」には、学習のねらいに応じて活用できる、思考ツールがそろっています

 
発表ノート マッピング 文章アシスト グルーピング プログラミング
共有比較

各班の考えを集約して全体で共有

考えや結果を全体で共有することで、考え方の傾向が見えやすくなります。

画像合成 投影
発表

各班の取り組みを発表

子どもの画面を大型提示装置に投影して発表させられます。

発表
提出
保存
授業終了

作品を提出

子どもたちの作品はドラッグ&ドロップするだけで先生に提出できます。

提出

子どもたちの取り組みの結果を残す

作品データは「個人フォルダ」に保存されます。作品をノートに貼って残すために、印刷することもできます。

個人 / グループフォルダ 印刷
ページのトップへ